読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1223845
0
温泉に入ると病気にならない
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
43 湯治宿の選び方(4) 露天風呂“信仰”はやめて

『温泉に入ると病気にならない』
[著]松田忠徳 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 温泉宿は得られる湯量めいっぱいの大きな風呂をつくりたがります。高度成長期の社員旅行ブームの時代に、その限度を超えて、ときにはまるでプールのように大きな浴槽に拡張したため、湯量不足から大量の水道水を加えたり、循環風呂が生まれたことはすでにふれました。そこへきて、空前の露天風呂ブーム。

「お宅に露天風呂はありますか?」

「いいえ、ありません」


 こう答えると、すぐ電話が切られる状態がずいぶん続きました。経営者はなんとか露天風呂をつくろうと努力します。内風呂が大きくて豪華なのに、露天風呂が小さくては格好がつきません。いきおい広々とした岩風呂などがつくられることになります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1314文字/本文:1598文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次