読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1223852
0
温泉に入ると病気にならない
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
50 さまざまな入浴法(1) 蒸し湯で新陳代謝が活発に

『温泉に入ると病気にならない』
[著]松田忠徳 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 前項で持続湯や冷浴など全身入浴法を紹介しましたが、このほかにも温泉地、湯治場によってはさまざまな温泉利用法があります。そのおもなものを挙げてみます。


 蒸し湯 温泉の蒸気を浴室に引き込んで浴びる蒸気浴のことです。いまでいうミストサウナですね。江戸中期ごろまでは、温泉のない都市部で風呂といえば、この蒸し湯を指していましたので、日本人のDNAが記憶している懐かしい風呂といってもいいでしょうね。


 かつて瀬戸内海地方では、波打ち際の洞窟で木を燃やし、熱せられた岩に海水をかけて蒸気を起こしていましたが、これなどは温泉のない地域での工夫です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1323文字/本文:1592文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次