読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1223998
0
あなたを苦しめる過去から自由になる本
2
0
3
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6 終わったことにこだわり続ける暇はない

『あなたを苦しめる過去から自由になる本』
[著]石井希尚 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
3
| |
文字サイズ

◆人の一生に与えられた時間は短い


 繰り返しますが、人は精神的な生き物です。

 心のあり方が健全であることが、あらゆる状況において、あなたが最初に願うべきもっとも大切なことであり、あなたが常に意識を傾けて維持するべき、失ってはならない状態なのです。

 心の状態が健全でなければ、人は何をやっていても幸福であると感じられないからです。

 ですから、イヤなこと、受け入れたくない事実に対して、過剰に反応するのはやめましょう。

 彼が浮気をしたなら、泣いてもいいですが、泣き続けてはいけません。親しい友が突然事故で死んでしまっても、なんで? どうして? と、答えの出ない問いに思いを奪われてはいけません。


 人生とは、すぐに答えが出ないことの連続です。

 わからないことは、わからないままにしておくのです。

 自分のしでかした取り返しのつかない失敗を思い、自分を責め続けるのもやめなさい。失敗は教訓にすればいいだけです。

 ショックは最初だけで十分です。

 変わらない過去に思いを留めて後悔し続け、悲嘆に暮れるよりも、事実をただ認識し、あとは淡々とできることをやればいいのです。


 与えられた時間の中で「何をするか」が人生を決めてしまいます。

 変えられない過去が原因で思い悩んでいる時間は、あなたの心の健康を奪い去り、未来にも暗い影を落としてしまいます。まったく益がありません。

 そこにあるのは思い煩う心です。これほど人を不幸にする負の力はありません。

 過去について、あれこれと思い煩うのはまったく理にかなっていないことです。

 人生の悲劇は、最悪なことが起こることではありません。

 その事実を認められないことです。

 しかし、あなたが過去を正しく受けとめる術を身につけるなら、生きている間に起こるすべてのイヤな出来事を、あなたは必ず力強く乗り越えていくことができます。どんな悲劇も、悲劇で終わらない人生を、あなたは満喫できるのです。

◆置き去りにして、どんどん先へ行こう


 さあ、今この瞬間から、その栄えある人生をスタートさせてください。

 冒頭で言ったように、あなたは自由人です。

 あなたは、過去という情報によって支配される必要はありません。その情報にどう反応するかを決めるのは、そう、あなたなのです。

 ですから、今決めるのです。過去の奴隷となって生きることをやめると。

 納得のいかないことが起こったとき、望ましくない過去があるとき、苦しんで当然であるという考え方を捨てるのです。あなたは情報の奴隷ではないのですから。

 抵抗するのをやめるのです。

 過去に抵抗することは、未来を築く力にはなりません。

 事実を認識しなさい。それ以上のことはムダなことです。

 ジタバタしないで、

 「これは起こってしまったこと。ジタバタしても変えられない」

 とクールに自分に言うのです。


 大事なことは、これから何をすべきかです。

 これこそ、冷静に考えるべきことであって、過去はもうどうでもいいのです。

 修正もできないのですから、考えたところで、意味がないじゃないですか。

 だから放っておくことです。放っておいても、過去の出来事がもっと悪くなることはないのですから。安心して放っておきましょう。


 イヤな過去はストーカーだと思いなさい。自分にまとわりつくことそのものが不愉快です。だから拒否するのです。過去というストーカーに振り回される人生に、今日終止符を打ちましょう。

 それをするのに110番通報もいりません。誰に相談する必要もありません。

 今その場所で、あなた個人が、心で決めるだけでいいのです。


 思い出してください。自由意志はあなたのものです。

 あなたは行動を自分で決めているのです。

 過去という情報について、どう応答するか、あなたが決めるのです。

 支配されることを拒否するのです。ストーカーを拒否するのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
3
残り:0文字/本文:1577文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次