読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1224267
0
「いま」の日本が知っておくべき アジア情勢
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Keyword7 紛争 相次ぐ民族・宗教紛争、領土紛争に打つ手はあるのか?

『「いま」の日本が知っておくべき アジア情勢』
[著]ワールドエコノミー研究会 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

●民族、宗教、領土問題が山積するアジア

 アジアには多数の民族、宗教が混在している。欧米諸国による植民地支配を受けて分割された国も少なくない。そのためアジアは、紛争多発地帯という一面をもっている。

 朝鮮半島では1950年代の朝鮮戦争以来、北緯38度線を境にして北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と韓国(大韓民国)の対立がおよそ70年続いている。2010年には韓国軍の艦船が黄海(こうかい)で沈没する事件や、北朝鮮が韓国領土の島に砲弾を撃ち込む事件が起こり、緊迫感が高まった。

 北朝鮮は核開発やミサイル発射実験を繰り返し行っている。ミサイルは日本海へ向けて何度も発射され、日本列島を越えて着弾したケースもあった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1453文字/本文:1756文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次