読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1224285
0
「いま」の日本が知っておくべき アジア情勢
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
台湾 とるべき道は「中国への合流」か、それとも「独立」か?

『「いま」の日本が知っておくべき アジア情勢』
[著]ワールドエコノミー研究会 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

●もはや中国なしでは経済的に成り立たない

 中華民国──台湾はみずからの正式名称をこう呼ぶ。第二次世界大戦後、中国共産党との内戦に敗れた蒋介石(しょうかいせき)率いる国民党は、台湾に逃れて中華民国を名乗り、自分たちが中国の代表であるというスタンスをとってきた。

 これに対して中国(中華人民共和国)は、「台湾は中国の一部」との認識で、いずれ台湾を中国本土に組み入れたいとの思惑を抱いている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:725文字/本文:918文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次