読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1224931
0
華麗なる英国貴族101の謎
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
23 なぜ執事や従者が必要だったのか

『華麗なる英国貴族101の謎』
[著]島崎晋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 執事と聞いて、日本人はどのようなイメージを思い浮かべるのか。東川篤哉の推理小説で、テレビドラマ化も映画化もされた『解きはディナーのあとで』に登場する毒舌執事か、それとも東京池袋発祥の執事喫茶だろうか。どちらにせよ、ダウントン・アビーで働くカーソンとはだいぶ(おもむき)を異にしている。果たして、実際の執事はどのような役目を果たしていたのか。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:954文字/本文:1126文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次