読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1225089
0
[図解]一目でわかる!日本銀行のからくり 中央銀行の仕事を知れば、経済の動きが見えてくる
2
0
0
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
黒田日銀の量的緩和策は何が“異次元”なのか?

『[図解]一目でわかる!日本銀行のからくり 中央銀行の仕事を知れば、経済の動きが見えてくる』
[著]ワールドエコノミー研究会 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

量的緩和策がアベノミクスのカギを握る

 安倍晋三首相が唱えた経済政策「アベノミクス」では、量的緩和策が目玉政策として掲げられた。アベノミクスを進めるために選ばれた日銀の黒田総裁も、日銀を主導して積極的な金融政策を進めていくことを宣言した。

 しかしながら、先述のとおり量的緩和策は目新しい金融政策ではなく、2001(平成13)年からすでに日銀が採用していた。それから約5年間、量的緩和策は続き、2006(平成18)年3月に解除されたが、2011(平成23)年の東日本大震災後には金融不安を防ぐために一時的に再開されている。

 そのため、量的緩和策と聞いたときに、いまさら感を覚えた人もいるかもしれない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1960文字/本文:2260文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次