読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1225124
0
「危ない隣の会社」の資金繰り
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
01 資金繰り表で「今」も「未来」も見えてくる

『「危ない隣の会社」の資金繰り』
[著]赤沼慎太郎 [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 第2章では、実際に資金繰り表を使った管理方法についてお伝えします。

 ほんの少しの手間と時間をかけるだけで、「20日に支払うお金がない!」「このお金、どうやって調達しよう」といったお金の心配がグンと減ります。

 ぜひマスターして日々の管理に活かしてください。


◉──お金の出入りが一発でわかる、先読みもできる

 第1章では資金繰りは社長にしかできない大事な仕事であること、資金繰り管理の重要性についてお話ししました。

 第2章では、もう少しつっこんで「資金繰り表」についてご説明したいと思います。

 資金繰り表と聞くと、「難しい財務資料なのでは?」と敬遠する社長さんもいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

 普段扱っていらっしゃる損益計算書などの資料より、はるかに簡単で単純な資料です。

 資金繰り表とは、ざっくりと言ってしまうと「会社にいくら現金が入ってきたか、いくら出ていったか、預金はあといくらあるか」を管理する資料です。

 いわば、企業にとっての家計簿です。

 会社のお金が今いくらあるのか、どんな使い道でいくら出ていったのかが一目でわかるよう、会社のお金の出入りを一つにまとめたのが資金繰り表、というわけです。

 さらに、過去の現金・預金の動きを把握するだけでなく、未来の動きも予想してしまおうというのが、「資金繰り予定表」です。

 実は、資金繰り表をわざわざ作るのは、過去のお金の動きよりも、これからのお金がどうなるかを予測するためです。

 作るときは、実績資金繰り表だけでなく、「資金繰り予定表」もセットで作ってください。

 一定期間の入金、出金を科目別に予測して集計することで、将来的な現金の過不足の行方が見えてきますから、資金繰り表の真の価値は、未来予測にあると言えます。
◉──シンプルに収支で管理、損益は関係ナシ

 会計があまり得意ではない社長さんがよく混乱するのが、損益計算書と資金繰り表の違いです。

 私も、「赤沼さん!作ってもらった資金繰り表だけど、税理士さんからもらった損益計算書と数字が合わないよ~!頼むよ~!」と言われ、クライアントの社長さんのところへ何度説明にあがったことか……。

 そもそも、損益計算書の損益と資金繰り表の収支は基本的には合いません

 資金繰り表と損益計算書は、数字を計上するタイミングが違うからです。

 第1章でも説明しましたが、損益計算書は「発生主義」と言って、売上が発生した段階で売上として計上し、表を作成します。資金繰り表は「現金主義」と言って、お金が実際に動いたときに入出金ベースで表を作成します。

 売掛けと買掛けによる入出金のズレについては、第1章の「02 お金が回らなければ儲かっていても会社は傾く」でじっくりご説明したので、おわかりいただけているかと思います。

 また、減価償却費のような会計上のみの処理の経費で、実際に現預金が動かないものは、一切資金繰り表には反映されません。

 これも損益計算書と資金繰り表の数字がズレる原因の一つです。

 とにもかくにも、資金繰り表とは、お金が実際にいくら入って、いくら出ていったのかを管理するもの、とシンプルに覚えていただければ大丈夫です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1309文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次