読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1225343
0
1冊でわかる!アフリカ経済 押さえておくべき54カ国のすべて
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
テーマ3 アフリカを席巻する隣国・中国の気になる動き

『1冊でわかる!アフリカ経済 押さえておくべき54カ国のすべて』
[著]ワールドエコノミー研究会 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

●アフリカで見るアジア人の顔は中国人?


 すでにアフリカへの進出を果たしている日本企業は、どこを競合相手として見ているのか。

 この質問に対し、多くの企業が同じ日本企業やヨーロッパ系企業の名前を挙げるという。これは、日本貿易振興機構(JETRO)が行なった、アフリカでの経営実態や問題点を尋ねた最新のアンケート結果である。

 しかし、官民一体で目を見張る進出を果たしている中国や韓国、インド、トルコなどの新興国グループを見落としてはならない。なかでも中国のアフリカ支援は、日本をはるかに凌ぐ規模で展開されている。

 金も人も支援するのが、中国の対アフリカ支援の基本スタイルだ。現在、アフリカに在留している国民の数は、日本人が約8000人にすぎないのに対して、中国人は約82万人にものぼる。アフリカの人々にとってみれば、日ごろ見かけるアジア人の顔は日本人ではなく中国人。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2897文字/本文:3277文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次