読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1225344
0
1冊でわかる!アフリカ経済 押さえておくべき54カ国のすべて
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
テーマ4 紛争や事件へと発展しがちな宗教という問題

『1冊でわかる!アフリカ経済 押さえておくべき54カ国のすべて』
[著]ワールドエコノミー研究会 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

●キリスト教とイスラム教は外来宗教だった


 日本の企業がアフリカとの商取引を密にしようと思いながらも、躊躇してしまう要因のひとつが、前述したとおり、いまだにつきまとう社会不安だ。なかでも、宗教の違いによる人々の対立が、時には世界を不安定にさせる内戦や暴動へと発展するケースも少なくない。

 宗教的には外来のキリスト教とイスラム教を信奉する人々に加え、一部族が信じている呪術的な土着宗教まで、多様なのがアフリカ宗教の特徴である。たとえば、アフリカでありながら東部には、インドから移住してきたインド系住民が200万人ほど住み着いており、彼らの大半が信じるのは無論のことヒンドゥー教である。

 もともと部族の間で伝承された信仰を信じて暮らしていたが、早くも1世紀にはキリスト教が地中海方面から北アフリカの一帯に入り込んだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2601文字/本文:2956文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次