読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1225406
0
1冊でわかる!アフリカ経済 押さえておくべき54カ国のすべて
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
52 南アフリカ共和国 一次産業から三次産業へ 先進国に似た経済構造

『1冊でわかる!アフリカ経済 押さえておくべき54カ国のすべて』
[著]ワールドエコノミー研究会 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


●依然として魅力を放つ地下資源

 1994年にアパルトヘイト(人種隔離政策)を完全撤廃して以降、国際社会が科していた経済制裁が解かれた。これを機に、南アフリカは急激な発展を遂げた。サハラ砂漠以南のサブサハラ地域において、南アフリカの総生産高は約3割を占めるほどの成長ぶりである。

 ほかのアフリカ諸国に共通して、豊かな大地を利用した農業生産や鉱業資源が世界各国の投資を呼び込んだ。だが、南アフリカがほかの資源国と異なるのは、産業の掘り起こしにも成功を収めている点だろう。

 保険や金融といったサービス業が産業の大きな割合を占めるようになっており、かつての南アフリカ経済を牽引した農業は、GDPの2・7%、鉱業が32・9%であるのに対して、サービス業は66・4%と第三次産業が伸長している。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1774文字/本文:2115文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次