読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1225657
0
「事実婚」のホントのことがわかる本
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
5.事実婚のデメリット

『「事実婚」のホントのことがわかる本』
[著]武石文子 [発行]すばる舎


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 この項目を書く前に、私は夫に「事実婚のデメリットは?」と聞いてみました。夫は「うーん」と言って、しばし考えていましたが、結局何も答えはありませんでした。このように、普段デメリットを感じるということはなかなかあるものではありません。しかしながら、特に経済的デメリットということでは幾つか挙げることができます。

(1)配偶者の相続人になれない


 これはかなりのデメリットです。例えば私も夫と自宅不動産を共有していますので、二人とも遺言書を書いて、どちらが死んでも互いに遺贈する形にはしています。もし、遺言書が無ければ私達の場合は子どもに相続されますが、子どもがいない夫婦だと、親や、親もいなければ兄弟姉妹に相続されてしまいます。

(2)相続財産が大きい場合、相続税の面で非常に大きな経済的デメリットがある


 相続税が課されない控除分について、法律婚をした配偶者は1億6,000万円の控除が認められています。また一方で配偶者の法定相続分までは課税されないという規定もあります。例えば、相続人が配偶者と子一人ですと、法定相続分は2分の1になりますので、相続財産が4億円ですと、配偶者の法定相続分は2億円になります。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2499文字/本文:2999文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次