読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1225664
0
「事実婚」のホントのことがわかる本
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
事実婚離婚経験者インタビュー

『「事実婚」のホントのことがわかる本』
[著]武石文子 [発行]すばる舎


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 最後にご紹介するのは、事実婚をしたものの離婚(事実婚解消)になってしまった堤今日子さん(51歳・仮名)。大学生の娘さんと高校生の息子さんがいらっしゃいます。


 今日子さんは、都内板橋区で第一次産業を大きく営み、途中で不動産賃貸業となった家の三姉妹の末っ子として育ち、都立高校から私立大学教育学部を卒業。都内で教員として働いています。元夫の田沼克典さん(58歳・仮名)は、東北地方の小都市出身。姉二人のいる末っ子の長男として育ち、大学から東京に出て、私立大学の文学部国文科を卒業後に都内で教員となりました。お二人は同じ職場の同僚で、堤さん28歳、田沼さん36歳の時に交際を始め、1年後に結婚に至ります。結婚前、堤さんが田沼さんとお盆の時期に田沼さんの実家を訪れた際、お墓参りに行くこととなり、そこで田沼さんの母にたわしを渡され、墓を磨くように言われたそうです。それはいかにもこの家の嫁になるということを象徴するような衝撃的なできごとであり、それ以後お盆の時期に田沼さんの実家を訪れるのは避けた、と堤さんは笑いながら話していました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2330文字/本文:2794文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次