読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1225666
0
「事実婚」のホントのことがわかる本
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
夫にとっての事実婚

『「事実婚」のホントのことがわかる本』
[著]武石文子 [発行]すばる舎


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 はじめに宣言しておくが、私は「正論」に弱い。「なるほど、それはもっともだ」と認識すると、多少自分の考えと食い違っていても受け入れてしまう。強い持論のあるトピックであれば頑張って立ち向かうこともあるが、普段ぼんやりとしか考えておらず、何となく「常識」に流されているような話題だと、たとえその意見が少数派であっても「正論」になびくことが多い。むしろ、マイノリティであることを良しと考える性癖があって、できれば人と違うことをしてみたい。だから、私にとって「正論」であり、なおかつ少数派に属する事実婚というスタイルを受け入れることに、さほど抵抗はなかった。


 自分の中に抵抗はなかったものの、やはり当時(1990年頃)は今以上に事実婚の認知度が低く、周囲の理解を得るためにはそれなりの苦労を要した。特に両親を説得する作業は、今思えば若かったからこそ勢いでなし得たように思う。


 私はそれまで、ごく普通のサラリーマン家庭に育った。反抗期と呼ばれる少年期にも大きな問題を起こすことなく、ほぼ親の意に逆らうことなく成長した。父は外資系企業の役員、母は専業主婦。3歳年の離れた妹は三つ子というやや特殊な家族構成ではあったが、幼い頃に都内から引っ越した横浜市内の新興住宅街で、何一つ不自由なく育てられた。両親から特定の価値観を押し付けられることもなかった。父は自他ともに認める「リベラル派」であった。不真面目な態度や卑怯な行い、礼節をわきまえない人間には厳しい姿勢で臨む一方で、アメリカ風のジョークやユーモアを多用した。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3342文字/本文:3992文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次