読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1225821
0
会社人生、五十路の壁 サラリーマンの分岐点
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2 ポストオフの壁

『会社人生、五十路の壁 サラリーマンの分岐点』
[著]江上剛 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

サラリーマンの分岐点① 五十路になったらリセット



 とにかく五〇歳前後は同期入社の数が多い。その中で役員になるのは多くて二、三人といったところだろう。


 役員にならなければいつまでも部長のポストに座ってはいられない。だいたい五五歳までには役職定年を迎えるのではないだろうか。


 要するにポストを若い奴に譲ってやってくれということだ。


 役職定年になると社内フリーランスの立場か、あるいは関係会社や、その他、取引先企業に出向なんてこともある。


 最近、金融庁の幹部と銀行の将来について話をした。


 銀行員の大量リストラ時代が到来する可能性が高い、という話題で盛り上がった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1691文字/本文:1970文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次