読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1225851
0
会社人生、五十路の壁 サラリーマンの分岐点
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
30 後悔の壁

『会社人生、五十路の壁 サラリーマンの分岐点』
[著]江上剛 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「第二の人生」を意気揚々と送る五〇代の共通点



 意気揚々と生きるには「のに」から解放される必要がある。


 ある会社役員は、社長に尽くして尽くしたのに、閑職に回されてしまった。役員としての体面は保っていたが、排除されていることは周囲にもよく分かった。彼は仕事ができすぎたのだ。


 ある時、部下が社長に彼のことを「虎の威を借る狐」だと(ざん)(げん)した。仕事ができ、部下からの評判もいい彼に社長はいつしか嫉妬や警戒心を抱いていたのだろう。その讒言に耳を傾けてしまった。彼は社長にもズバズバと意見をしていたから、社長は内心面白くなかったのだろう。それが閑職に回された理由だ。


 そこで私は彼に「のに」から解放されなさいとアドバイスした。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2482文字/本文:2796文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次