読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1226335
0
モタさんの心がフワリと軽くなるちょっといい言葉
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
(3)数字で示された現実は、人の劣等感を刺激する。しかし、数字はほんの一面・一部分を表しているにすぎない

『モタさんの心がフワリと軽くなるちょっといい言葉』
[著]斎藤茂太 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 数字にいやな思い出がある人は、結構多いのではないだろうか。

 学生時代は、テスト、通知表、偏差値。大人になれば、売上、業績、給料、ローン。もっと年をとれば、体重、血圧、コレステロール、血糖値……などなど。
「ああ、また数字が悪くなっている!」と、通知される紙を見るたび、ゲンナリしてしまう人もいることだろう。

 数字で示された値は、あたかも冷酷な現実を宣告するかのように、「あなたの価値はこの程度ですよ」「あなたの成果はこの程度ですよ」と、結論を鼻先に突きつけてくる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:628文字/本文:860文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次