読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1226676
0
心の清浄をとりもどす 名僧の一喝
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
自己肯定と自己否定

『心の清浄をとりもどす 名僧の一喝』
[著]向谷匡史 [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 少年 父を捨てて他国に走り

 辛苦 (とら)(えが)いて猫にも成らず

 ────良寛(1758―1831)

 良寛が半生を振り返って詠んだ漢詩の前段である。

 「父の許しも得ずに家を飛び出し、他国で修行を積んだが、苦労の甲斐なく、私の人生は虎を描こうとして猫にもなっていない」

 という意味で、この詩句に続けて、

 人有り ()箇中(こちゅう)(こころ)を問わば (ただ)()れ 従来の(えい)(ぞう)(せい)
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1064文字/本文:1278文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次