読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1226813
0
ビジネスエリートのための!リベラルアーツ 哲学
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
04 哲学ブックガイド&哲学映画ガイド その(1)

『ビジネスエリートのための!リベラルアーツ 哲学』
[著]小川仁志 [発行]すばる舎


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ここでは哲学を学ぶうえで、使える本や映画を紹介したい。ボーナストラックだと思って気軽に読んでもらえばいい。


 本に関しては、哲学の入門書、古典(初級、中級、上級)、映画に関しては哲学がテーマになっているものを選んでいる。いずれもたくさんあるが、今回は私がいいと思う必須のものを厳選した。


◆哲学の入門書


アンドレ・コント=スポンヴィル『哲学はこんなふうに』(紀伊國屋書店、2002年)


 フランスの人気哲学者によるエッセー風哲学入門。愛から政治まで、哲学の基本が学べる12章が詰め込まれている。タイトルの通り、これこそまさに哲学することのお手本だといってよい。




クリストファー・フィリップス『ソクラテス・カフェにようこそ』(光文社、2003年)

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2448文字/本文:2766文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次