読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1227098
0
相続&遺言ノート
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
14 子どものいない夫婦の場合

『相続&遺言ノート』
[著]税理士法人和 [著] 司法書士法人グループ・グローバルグループ [発行]すばる舎


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

すべてが配偶者にいくのではない
寄付や募金も選択肢に

 財産のすべてを配偶者に残したいと思っていたとしても、すべての財産が配偶者に引き継がれるわけではありません。

 「子どものいない夫婦」のどちらか一方が亡くなったときは、遺された配偶者が相続人になるほか、亡くなった人の親、親がいないときは祖父祖母、その人たちも亡くなっている場合は、通常、兄弟姉妹が法定相続人になります。
■夫婦でつくった財産なのに……

 「子どものいない夫婦」には、もとより子どもがいない場合だけでなく、子どもがいたけれども亡くなってしまい、代襲相続人(子の子・孫など)もいないという場合も含みます。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2288文字/本文:2568文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次