読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1227198
0
私たちは生きづらさを抱えている 発達障害じゃない人に伝えたい当事者の本音
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
心療内科を受診

『私たちは生きづらさを抱えている 発達障害じゃない人に伝えたい当事者の本音』
[著]姫野桂 [監修]五十嵐良雄(メディカルケア大手町 院長) [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 週刊誌の入稿が終わって1週間後、私は心療内科の待合室にいた。本当は幻聴が起こった時点ですぐに病院を受診したかったが、口コミで評判の良い病院はどこも、初診だと1週間後の予約しか受け付けていなかったのだ。この1週間で体重は3キロ落ちて42キロになっていた。もともと小柄なほうなので、これ以上体重が落ちると痩せすぎだ。待合室で問診票を記入する。家族構成や現在の症状、今まで精神科や心療内科にかかったことはあるか、家族に精神疾患にかかったことのある人はいるかなどを記入する欄があった。その後、問診票を元に看護師よる話の聞き取りがあった。看護師には、問診票よりもさらに詳しく、育った環境や今の病状、心を病んでしまった理由を45分ほどかけて話した。


 看護師からの聞き取りの後、医師の診察があった。穏やかにか細い声で話す、40代くらいの少し頭が薄くなった男性医師。医師から幼い頃の記憶を聞かれた。ふいに口から出たのは、3歳の頃から高校2年生まで習っていたピアノのレッスンのことだった。ピアノの演奏自体はうまくなかったが、美しい旋律の曲を弾くこと、そして何より先生のことが大好きだった。ほがらかでユーモアたっぷりのおばちゃん先生。ピアノなんてもう10年以上弾いていないし、習っていたこと自体すっかり忘れていたのに、このタイミングでなぜ出てきたのか、本当に分からない。


 自分は空気が読めていないように思える、異性との距離感が分からず、まともな恋愛ができないから荒療治のために風俗店で働いてみたこと、いまだに親からの指示がすべて正しいと思って親の顔色をうかがい、自分を殺しているときがあることなどを淡々と伝えた。


 ピアノの件について医師からは「同じ先生でここまで長い期間続いたということは、あなたは本来、人付き合いはうまいタイプ。空気を読めないのではなく、読みすぎて生きづらくなっている。もし、本当に空気が読めないのならば、人間関係においてもっとトラブルを起こしている」と言われた。


 また、発達障害当事者へ取材をしていること、自分はASD、そして暗算ができないためLDではないかと疑っていることも医師に伝えた。医師からは「こうやって話をしている限り、極端な性格の面は少しあるように思うが、発達障害だとは感じない。暗算ができないというのも、誰だって焦ったらできない。ただ、発達障害については後日、臨床心理士に心理検査をしてもらわないと詳しいことは分からない」と言われた。自分は発達障害かもしれないと思っていたので、その検査をぜひ受けたいとお願いした。


 その日は抗不安薬を2種類処方され、就寝前に飲むように言われた。薬は驚くほど効果を発し、ぐっすり眠れた。


 それ以降、メンタルのケアのため2週間おきに通院をすることになった。心理療法で、毎回驚くほど心が軽くなっていくのを感じた。そのなかで、「発達の偏りというより中高時代の心の傷から生きづらさが生まれている可能性がある」と指摘された。心の傷と言われてもピンとこなかったのだが、心理学系の本を読み漁ったところ、医師が言っていたのはPTSD(心的外傷後ストレス障害)だったと気づいた。その次の診察時に「いろいろ本を読んで調べたのですが、私はPTSDなんですか?」と聞いたらそうだと言われた。医師は専門用語を使わず分かりやすい言葉を選んでいただけだったようだが、私にとってはストレートにPTSDと言われたほうが分かりやすかった。


 発達障害かどうか検討をつける心理検査は臨床心理士の都合で1か月ほど先になった。検査は合計3回で、結果はすべての検査が終了して約4週間後に出るという。長らく放置していた発達障害疑惑を、こうした形で検査することになるとは思わなかった。



この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1541文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次