読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1227458
0
こけたら立ちなはれ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
文庫版への序文

『こけたら立ちなはれ』
[著]後藤清一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 いまや私は〈御礼奉公〉という名の引き出しである。人生の前半を仕えた松下幸之助氏や人生の後半を仕えた故井植歳男三洋電機創業者をはじめ、さまざまな先人から、私は、人生を生きるうえでの知恵と教訓を授かってきた。その先人の知恵と教訓を、わが“衣類”にかえて、私はタンスの中にしまいこんできた。

 人生も事業も、行き止まりとわかれ道の連続であるが、その行き止まりとわかれ道に直面したとき、心細い私を支えてくれたのは、そういう諸先達の“衣類”であった。


 歴史には、くりかえす部分とそうでない部分があります。価値観にも変えていい部分とそうでない部分があります。時計の振子が左右に動きながら時を刻んできたように、社会は常に流動しながら歴史をつくりあげてきました。一つのアクション(行動)には、必ずリアクション(反作用)がおこります。これらのことを正確に把握しないと、考え方に混乱がおこり、無用の摩擦をひきおこし、人生がわからなくなったりするものです。

 あなたにはあなただけの人生があります。

 人生もビジネスも、つまるところは闘いなのですから、闘いにはまず勝たなければなりません。また人生はある意味で消耗です。消耗である以上、補強を怠ればたちまち挫折するということです。

 そして、その補強をするときに、わがタンスの引き出しをあけて下されば、私の人生がかつてそうであったように、先人の“衣類”が、凍てつくあなたの身と心を暖かく包んでくれることもあるのではと考えて、私は、この十年来、わが引き出しを時間をかけて整理してきました。

 その整理から、私の著作が生まれました。
『ここに力を得て』(近代経営社)
『叱り叱られの記』(日本実業出版社)
『ど根性こそ我が人生』(読売新聞社)
『こけたら立ちなはれ』(PHP研究所)
『立ったら歩きなはれ』(PHP研究所)

 そして、私の最新刊、『よっしゃ!イチから出直しや』(明日香出版社)――です。

 このうち、本書は昭和五十二年三月発行の『こけたら立ちなはれ』の文庫版です。

 より多くの若者の目にふれさせたいというPHP研究所出版部のおはからいによって、新装なるわけです。

 まともに人生を生きようとしている、若いあなたにこそ、私はわが生涯かけてのタンスの引き出しをあけて下さることをねがっています。
「人生ってなんだろう」
「会社ってなんだろう」
「働くことってなんだろう」
「人間関係はむずかしいな」
「仕事ってなんなのか」

 ……と、人生において、難問にぶつかったとき、私のタンスが少しでもあなたのお役に立つことができるなら、私にとってこんなに嬉しいことはないのです。

 ご愛読をお願いします。


  昭和五十九年四月吉日
後藤清一 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1112文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次