読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1228276
0
日本語は泣いている
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
書くために読む

『日本語は泣いている』
[著]外山滋比古 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 このごろは一般に文章への関心が高まっているらしい。それを裏返してみると、思うように文章が書けないと感じている人が多いということになる。

 大型書店といわれる本屋には、たいていサラリーマン・コーナーといった一郭がある。かつては経営書の類ばかりだったのが、この春などは文章上達法が何種類も並んでいたのにはおどろく。

 こういうことを言っては悪いが、文章上達法を読んだら、たちまち文章がうまく書けるようになる、などということはまずない。水泳入門(そんな本は、なかろうが)を読んだら金づちが泳げるようになった、という話はきいたことがない。本ではなく、タタミの上の水練では役に立たないのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2376文字/本文:2667文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次