読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1229167
0
チャイナ・トリックス 経済大国中国の深層
2
0
0
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
一四 高労働分配率のトリック

『チャイナ・トリックス 経済大国中国の深層』
[著]高橋五郎 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

日本の一〇倍以上の億万長者


 フォーブスは二〇一七年、一〇億ドル以上の資産を持つ中国の富豪四〇〇名のランキングを公表した。


 トップは著名な不動産会社恒大グループの総帥、許家印氏で四二五億ドル(約四兆八〇〇〇億円)。二位はインターネット企業テンセントの会長、ポニー・マーで三九〇億ドル。三位はアリババのジャック・マーで三八六億ドルだった。


 一方、一〇億ドル以上の資産を持つ日本人はわずか三三人、孫正義氏の二一二億ドルが最高だった。お金持ちの数にかけては、日本は中国に大きな差をつけられている。一〇億ドル以上という超お金持ちならずとも、中国では、一〇〇〇万元(約一億七〇〇〇万円)以上の資産を持つ者が一二〇万人に達するともいわれている。


 国全体の中国のGDPは日本の約二・五倍だから日本よりお金持ちがいて不思議ではないが、中国が四〇〇人、日本が一〇分の一以下の三三人というのはあまりにも差が大きいのではないか。


 人口規模が一〇倍以上あるといっても、それは日本の三倍弱の国民所得を分けあう人口が多いということだから、お金持ちが多いこととは反比例するはずだ。中国には、なぜこんなに多くのお金持ちがいるのか?


 さまざまな理由があるので、一つひとつ解いていこう。


ひとり占めの文化


 そこには、まず日本人には理解されにくい文化のカベがある。


 文化のカベというと、あまりにも茫漠としているが、日本人と中国人の最も大きな文化の差が現れる点は、自己認識の仕方だ。

「中国人」という単純な表現ではまとめきれない、多様性が中国人にはある。面積が日本の二六倍、人口が一〇倍以上、民族の数が五六、歴史の長さときたら、最初の王朝の夏王朝ができてからだけでも三六〇〇年。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3681文字/本文:4397文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次