読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1229209
0
一流の男性を引き寄せる恋愛法則 幸せな女性がやっているちょっとした習慣39
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
24 サプライズ&スマイルでいきましょう。

『一流の男性を引き寄せる恋愛法則 幸せな女性がやっているちょっとした習慣39』
[著]いつか [発行]CLAP


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 見事、彼氏を獲得! おめでとうございます。

 まずは、その喜びをかみしめてください。彼氏が素敵すぎても、「まぐれだ」なんて思ってはいけません。これまで読んできたことだけでも、あなたは十分魅力的な女性になれるはずなのです。

 小さなことでも喜べたり幸せを感じられること、それが大切です。幸せを身につける習慣を作っちゃいましょう。人生は山あり谷ありですから、他愛ないことでも喜べる人が勝ちなのです。


 欧米、特にアメリカでは、恋愛を思い切り楽しみます。恋の告白やプロポーズ、いえ、誕生日のお祝いにだって命を賭けます。思い切り頭をひねって、時には人脈をフル活用し、お金も使って、相手を喜ばせる“驚き”を演出するのです。

 レストランでボーイと前打ち合わせをして、シャンパンのグラスの中に彼女へのプレゼントの指輪を入れてもらう。彼女の部屋のカギを友人に渡しておいて、二人でデートに出かけている間に、彼女の部屋中をバラで飾っておいてもらう。

 これらはロサンゼルスに住む友人から聞いた話ですが、たまたまテレビで観たものはすごかった。わけもわからず呼び出されたらしき彼女の前には、軍隊の若い男たちが百人ほど。中の一人が進み出て彼女の足下に(ひざまづ)くと、男たち全員が「ユーアー・マイ・サンシャイン」をアカペラ合唱。あまりのことに立ちつくしている彼女の前で、跪いていた彼氏が、

 「結婚しよう!」と大声で言いながら婚約指輪を差し出しました。

 彼女がそれを受け取り彼に抱きついたのは言うまでもありません。「彼氏、訓練生の隊長さんかな。そうじゃなくても、彼らならやるかも」などと、想像が膨らみました。


 日本でだって、最近は似たようなことをやるカップルが出てきました。花火を打ち上げたり、電光掲示板に指定の時刻にメッセージを流したりといったサービスも出ています。

 こんなふうに、サプライズ(驚き)を最大限活用すれば、恋愛をうまく運ぶための潤滑油である「意外性」を強烈に演出できます。

 もちろん日本の女性でここまでできる人はまずいないでしょう。でも別に、そんな大がかりなことでなくてもいいのです。ちょっとしたセンスのいいサプライズ、そしてその驚きを大きな喜びに変える魅力的なスマイル。洒落ていて控えめで、知的でおちゃめで……つまり、品のいい恋の楽しみになるでしょう。


 例えば、あなたの部屋で彼氏が食事をする時に、ちょっとかしこまって、

 「どうぞ、こちらからお選びください」と、メニューを差し出したらどうなるでしょう。彼氏はびっくり。メニューを開くと、お品書きが彼女の手書きで記してあります。


 「これは……すごいな。えっと、この四つ以外はないの?」


 冗談気に聞く彼氏に、

 「当店では厳選した物だけをお出ししておりますので」とマジメに言って、にっこり。そんな彼女を愛しく思わない男性はいないでしょう。

 左手の薬指に指輪をつけておき、彼氏が気付いて怪訝そうな顔になったら、

 「自分で買っちゃ、婚約指輪にはならないのよねえ」と指輪を右手に移してにっこり。

 彼氏は驚いて、内心混乱しつつも気持ちを抑え、

 「そのうち本物の婚約指輪を貰えるといいね。あげる男は決まってるけど」なんて、品格の高い男性なら言ってくれるかもしれませんね。」


 なんにしても、二人の仲がより接近し、恋心が熱く高まるのは間違いないでしょう。

 大人になると、悲しい裏切りも経験するものですが、こんな素敵に裏切る「ニクいはからい」ができるのも、また大人なのです。


 【習慣】

 女性ならではのサプライズと、それを魅力に変えるスマイルは、恋のビタミン剤だと心得ましょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1495文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次