読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1229526
0
好かれて幸せになる生き方 イイ男、イイ女に学ぶ、可愛がられるモテ法則44
2
0
16
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに 男にも女にもモテたいアナタへ

『好かれて幸せになる生き方 イイ男、イイ女に学ぶ、可愛がられるモテ法則44』
[著]檀れみ [発行]CLAP


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
16
| |
文字サイズ

※本書は、『LOVE&JOB』の電子化にあたり、加筆・再編集しました。

男性も女性も、社会という枠の中で生きている以上はすべて人気稼業。
恋も仕事も充実する男女から人を魅了する方法を学び、ちゃっかりパクッたポイントを、ざっくばらんに伝授。
人生を輝かせたい人、必読!

 世の中に氾濫(はんらん)しているモテ本。アナタも本屋さんで目にしたことがあるのではないでしょうか?

 そういったシチュエーションで、私はいつも素朴な疑問を抱くのです。


 「男が女に、女が男に、モテるだけでは、足りない」


 と。

 男にも女にもモテなくっちゃ。人として、魅力的じゃなくっちゃ。

 理由は単純ですね。

 それが、仕事も恋愛も、すべてにおいて自分が輝けるたった一つの方法だから。


 私はこれまで、一般企業のOL→雑誌のライター(主婦もしてます)→メイクのお稽古サロン主宰→銀ホス→30歳過ぎてから大学に再度入学→物書き。なかなか波瀾万丈な人生を送ってきておるのですが、意外にも共通しているのは、いつの時代も男性と同じく、たくさんの女性達と関わりながら仕事をしてきているということ。

 なかには、厳しく、鋭く、手強い女達がいっぱいいた……良い意味でも、逆の意味でもね。女の気持ちをグッと引き寄せることができたら、男なんてむしろ簡単じゃないかって思えることも多々あります。

 一般企業でOLをしている女友達の話を聞いていても、目の上のタンコブor心をつかみたい対象が女の上司(扱いにくい部下も)ってこともザラな時代となりました。

 ま、社会を上手に泳ぐのに、男性の存在を無視できないことは今さら言うまでもないことで、本音を明かしてしまえば、男も女も、どっちも狙っていかないと、なんですよね。


 と言うと、すごく大変そうな印象を受けると思うのですが、人間、好かれるかどうかのポイントは、男でも女でも基本的に一緒なのです。


 例えば、男と女の関係において、仕事とはまったく別の次元で“恋愛”をとらえている人が多いようでありますが、実際には、恋愛の始まり(きっかけ)はどこに転がっているか分からないもの。

 「何だか、彼女(彼)っていいなぁ」と思える瞬間の蓄積があって、気付いたら「好き!」になっていたりする。

 出会いはどうであろうとも、その人物のいろいろな面を感じながら、ビジネスパートナーとか恋愛対象とか、尊敬や憧憬の対象、大切な友達などに選別されていくわけですけれど、水面下にある“モテ道”というのは基本的に一本。

 その道にのっているか、のっていないかは、ハッキリ見えます。のらずに、興味も好意も持たれなければ、どこにも行き着くことができない。さまよってしまう。


 というわけで、男性も女性も、社会の枠の中で生きている以上はすべて人気稼業ということになります。この世は人間のコミュニケーションで成り立っている。

 男と女、男と男、女と女、仕事も恋愛も、モテ道を行っていれば、何ごとも上手くいきやすくなる。自分の望む方向にコントロールしていくことも楽チンです。

 磨くべくは、すべてを制するモテ=『社交術』でありましょう。

 女たらしとか男たらしとか言いますが、社交術のほんとうの達人は、それ以前に人たらしなのです。

 自ずと多くの人が集まってくる。

 どうしたらそうなれるのか?

 それらについて書いてみました。

 分かっている人って、こんなポイント押さえてるよね、一気に心動かしちゃうんだよね! といったことがあれば、たまの失敗も許される。けれど、ポイントを押さえてない人の失敗は致命的。

 人間、ポイントを押さえるかハズすかで、天国と地獄ほどの差がつくのではないでしょうか。平穏な生活も、ヒットは少ないかも知れないけど、ハズしも少ないから維持できるのであって。

 私はポイント突くことで、さらにエンジンをかけたい。

 相手の反応が良いと、自分も良い気分になってさらにヤル気が出る。よって、それがラクなのです。たまのNGはお茶目くらいに、物事大まかにゆったりと構えたいし、相手にも構えてもらいたいですよね?

 とは言っても、何ごとも過ぎたるは及ばざるがごとし。よく気が付くからって、何でもやってみせれば良いってものでもない。モテるって、そのへんの匙加減(さじかげん)が重要で、最も難しいのですよ。


 これから書いていくことは、私がさまざまな世界に身を置きながら、失敗と反省を繰り返し、常にその世界において輝いている男性、女性にピッタリとくっつき(?)、教えてもらってきたこと&勝手にパクってきたことです。

 じつは、共通点がありました。

 イイ男、イイ女は結局、温かく、可愛く、単純で、それでもって、たまにはおおっぴらに、得をさせてもらうよ! 今からズルするから目を(つむ)ってねという、臨機応変さがあるのです。人によって変わっちゃうというのではなく、「私、もともと多面体だから」という柔軟性をあえてモットーにしており、でも心の奥底にはものすごくピュアで固い信念を持っていたりもする。

 それをどうして私が書かせていただくかと言うと、単純に、現実の世界の友人・知人には「それヤメて」「ここくすぐりどころよ」と言えちゃう人が案外いないと思うからです。

 偉い人はたくさんいて、やはりその立場におられる方だけに素晴らしく基本的なことを仰る。私も、生まれた時からそんな精神で過ごしていたら、どんなにか大物になれたかと思う……。けど、それはもう遅いから(泣)。

 よって、攻略本的にあるいは裏技的にサクッと追いついちゃう方法を考えたのです。

 むしろ自信がある。ちゃんと真面目にお勉強してきた人間には探し出せない、いや、探す必要もないルートですけれどね。

 効率良く、人生を輝かせたいアナタ☆

 ちゃっかりしっかり!? 楽しみながら、多くの人々を魅惑する“人”になっちゃおうではありませんか。
文中の敬称は省略させていただきました。
ご了承ください。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
16
残り:0文字/本文:2421文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次