読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1229826
0
銀ホス直伝 口説きのマナー25
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2、馬主の若大将

『銀ホス直伝 口説きのマナー25』
[著]檀れみ [発行]CLAP


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 来週はいよいよバレンタインデーといったある日のこと。なんでも、ホステスから贈られるチョコからは、高級なカカオよりも強く、義理フレーバーが漂ってくるらしい。お客サマも一瞥しただけで、「ありがと、ありがと」と言いながら、そそくさとアタッシュケースにしまい込んでしまわれる。

 ああ、今年こそはもう少しロマンティックな夜を過ごせないものだろうか。

 というのも、私はバレンタインデーだけは、しおらしくごちそうさせていただこうという心づもりでいるのです。しかしながら、去年はコケた。なんとディナーをご一緒した殿方がレストランを出るなり、私に向かってこう聞いたのです。

 「れみ、今月、売り上げ厳しいのか?」と。

 どうやら私のゴチは先行投資としか思われないらしい。ああ、空しい。

 それでも、神様はまたもや悪戯に、私にやる気を起こさせる。この時期に、ちょっと素敵な殿方が私の前に現れたのです。

 そのお客サマは、若い頃の加山雄三氏にちょっと似ている。

 「若大将!」とおだててみたら、ニコニコと喜ぶカワユイ人です。話しているうちに、馬主であることが分かった瞬間、私の頭上に天使が舞い降りてくる。若大将も私のことをえらく気に入った様子で、アフターでは「俺はお前にディープインパクト(←ご存知、無敗の三冠馬の名前)!」と叫ばれた。

 一瞬、全身が凍りついたような気がしたのですが、酔っているのでちょうどいい。さ、さすが馬主は言うことが違う、のか? 翌日、私はディナーに誘われることとなりました。なんて好調な滑り出しでしょう。

 場所は日本橋のホテルの中華レストラン。今夜はせっかくなので美容にいいものを食べよう。フカヒレにツバメの巣。あと北京ダック! はタダ好きなだけ。そんなことを考えていたら、あっという間に席まで辿り着いてしまう。

 「こんばんは」とニッコリ微笑みを交わすと、若大将はウェイターに向かってあれこれと注文をし始める。えっ? 私に選択権はないのか。

 「何、食べたい?」とか、聞くんじゃないかな、フツウ。おかしいな。

 「先日は楽しかったです。すぐに誘っていただけるなんて嬉しいですわ」

 オホホホホ~。

 「だから俺はお前にディープインパクトやで」

 やで? キョトンとしていると一品目がやってくる。麻婆豆腐。追いかぶさるように2品目もやってきた。野菜炒め。

 そこで若大将は聞いたのです。

 「つゆそばとチャーハン、どっちにするか?」

 えっ? もう主食ですかい、若大将。思わず息を呑む私。

 「杏仁豆腐食べるか?」

 えっ? 一気にオーダーする気ですかい、若大将。

 「俺、明日の朝、ものすごく早いんだ。でもな、どうしても今夜、君の顔が見たくてな」

 ゴホっ(咳き込む)。気持ちは有り難いけれど、彼の切り替えの早さにはさすがについて行けない。いや、ふと、我に返り、「もしや、今夜は同伴ではないのか?」と考えてしまった私もなかなか、若大将に負けていないような気がいたしますが。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1221文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次