読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1229915
0
「妄想」を操る女は100%愛される(大和出版) 気になる彼が一生夢中になる“秘密の16時間”
2
0
16
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『「妄想」を操る女は100%愛される(大和出版) 気になる彼が一生夢中になる“秘密の16時間”』
[著]鶴岡りさ [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
16
| |
文字サイズ

“妄想”が彼とあなたを幸せな未来へと連れていく




 あなたは、男性が女性に最も好感を抱くのはどんなときか、知っていますか?



 楽しく話をしているとき?


 ご飯を美味しそうに食べているのを見たとき?


 可愛い笑顔を見たとき?



 どれも間違いではありませんが、どれもベストではありません。


 正解は、“女性と楽しく過ごした時間を思い出し、余韻に浸っているとき”です。



 男性は、「一緒にいて楽しかったな」と、女性と過ごした時間の余韻を楽しんだり、「次はどこへ行こうかな」と、デートのプランをイメージしたりなど、“幸せな妄想”をしているとき、「この女性、いいな」と感じます。



 そして男性は、「この人と一緒にいると幸せになれる」と実感できれば、その女性を本命として意識し、結婚も視野に入れて考えるようになります。



 ですから、あなたが気になる彼、大好きな彼を射止めるためにすべきことは、“あなた”となら幸せになれると、彼に実感させること。


 つまり、彼に“幸せな未来”を“妄想させる”ことなのです。



 そこで本書では、気になる彼の“妄想を操る”ことによって、たった3回のデートで告白してもらうための方法を解説していきます。



 この“妄想”は、人の脳が持つ習性に当てはめることで、その力を最大限に活用することができます。


 人間の脳は不思議なもので、一度、目標設定や行き先設定をしてしまうと、無意識の内に目的地までの経路を検索し、自然とゴールまで進もうとする習性があります。


 つまり、彼の頭の中に“あなたとの幸せな未来像”を設定すれば、脳のしくみにより、彼は自然と、思い描いたゴールへ進みはじめるわけです。


 だからこそ、“妄想を操る”ことが、100%愛されることにつながるのです。



 ここで少し、私自身のことをお話しさせてください。


 私は現在、恋愛心理カウンセラーとして活動しています。


 小学生のときから恋に関する研究と実践を積み重ねてきましたが、そこから得た、独自の恋愛ノウハウと、“妄想を操る”手法によって、“結婚につながる恋愛のはじめかた”を、日々レクチャーしています。


 ありがたいことに、実に生徒さんの98%もの方々に彼ができ、プロポーズされる人が続出するなど、私自身も驚くほどの報告が届いています。



 それでは、生徒さんからいただいた喜びの声を、一部ご紹介いたしましょう。



 1回目、2回目とデートを重ねていったら、告白されるのは当たり前だと思うようになりました。

35歳・会社員)



 以前は、男性に会っても、相手からの評価ばかり気になり、デートが苦痛になっていました。今では、彼もできて純粋にデートを楽しんでいますし、愛されていると実感しています。こんなに彼氏から大切にしてもらったのは、はじめてです。

30歳・金融事務)



 マッチングアプリを通じて、20人弱の人とデートして、素敵な男性に告白してもらい、お付き合いすることができました! 本当に感謝しています!

32歳・教師)



 男性の妄想を操るためには、さまざまな方法があります。


 いつもの行動を少し変えるだけでできるものから、彼の弱さを知ったり、価値観に深く共感したりするものまでと、多岐にわたります。


 本文では、どのような言葉をつかい、どう行動すればいいのかを、できる限り詳細に、丁寧にお伝えしています。


 本書を読み、ぜひそのまま実践してみてください。


 意中の彼や、これから出会うステキな男性と、幸せな未来につながるお付き合いがはじめられるはずです。


鶴岡りさ 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
16
残り:-23文字/本文:1418文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次