読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1230606
0
メタボ健診、大きなお世話
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
西洋医学の限界

『メタボ健診、大きなお世話』
[著]帯津良一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 西洋医学が二十世紀に果たした役割は非常に大きいものでした。薬や技術の進歩によって、いくつもの治らない病気が治るようになりました。

 しかし一方で、西洋医学は目に見える「からだ」だけを対象としています。「こころ」や「いのち」のような目に見えない部分には目を向けません。当然の結果として壁にぶち当たってしまいました。

 二十世紀の医者はまさに修理工で、患者さんを壊れた機械のような感覚で治療していました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:524文字/本文:723文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次