読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1230652
0
40歳からは、小さいことにくよくよするな。
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『40歳からは、小さいことにくよくよするな。』
[著]横山信治 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ














40歳での「左遷」があったからこそクヨクヨしない自分になれた



 40代は人生において、一番充実している時期だ。

 人生経験を積み、重要な仕事を任され、家庭をもつ人もいれば、独身生活を満喫している人もいるだろう。

 まさに果実で言うなら、一番美味しい実りの時期である。

 ところが、私が40歳になった頃は悲惨なものだった。

 営業成績が良いにもかかわらず「左遷」され、嫌々仕事をしていたらうつ病を発症。

 やがて子どもは登校拒否になった。

 人生の充実どころか、最悪の日々。

 何が私をそうさせたのか。

 それは「小さなことにクヨクヨしていた」からだ

 私は40歳の時、会社にいくのが嫌で仕方なかった。

 でも転職せずにしがみついていたのは、世間の常識にとらわれて身動きが取れなくなっていたからだ。

 これでは呼吸をしているというだけで、本当に生きているのとは違う!

 私は救いを求めるため、ひたすら本を読んだ。

 自己啓発書にはじまり、心理学、宗教、はては宇宙法則なる本にまで手を広げた。

 ジャンルにとらわれずに読み漁っていると、やがて一筋の成功法則の片りんのようなものがみえてきた。

 もしかしたら、この考えが私を変えてくれるかもしれない!

 私はその一筋の光をもっと強く、強固なものにするべく勉強を続けた。

 そして、ついに41歳にして転職を決意した。

 勉強をして分かったのは、それまで信じていた「正義」「一般常識」「こうであるべき」といったことが、成功には全く役に立たないどころか、私を苦しめるだけだったということだ

 たとえば当時の転職に関する常識は、


 40歳を過ぎたら、採用してくれる会社などない

 仮にあったとしてもロクな仕事ではない

 40歳で転職すれば収入が3分の1か、良くて半分に下がる


 現実はどうだったか。

 希望の銀行に内定をもらい、続けてSBIグループ(当時ソフトバンクファイナンス)にも縁をもらい、結果として後者に入社した。

 所得は半分どころか、前職の年収より176万円多い提示額だった。

 この結果を「たまたま」運が良かっただけと捉えることもできる。

 しかし、私はその後も法則に従い、さらなる次元上昇をし、上場会社の常務取締役にまでなった。


 私たちの住む世界で、上手く生きるには法則がある。

 その法則とは、事象に対する考え方を前向きにすること

 さらに言うと、事象に対し、クヨクヨ考えないことだ

 私自身も、小さなことをクヨクヨ考えるのを止め、前向きに行動していたら、自分も周りも大きく変わってきた。

 みなさんには私のような苦い経験をして欲しくない。

 40代以降、幸せで充実した人生を送って欲しい。

 そんな気持ちで本書を書いた。

 本書は、人生80年時代の折り返し地点にある40代の皆さんへの応援歌だ。

 時に手厳しいことも書いてある。

 しかし素晴らしい50代、60代を迎えるために必要なことだけを書いたつもりだ。

 この本を読んで、「気づき」と「やる気」と「勇気」を掴んで欲しい。

 みなさんの成功を心から祈っている。


 2015年吉日
感謝! 横山信治 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:-30文字/本文:1237文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次