読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-1
kiji
0
1
1230742
0
好かれる人のモノの言い方 第二印象で心をとらえるちょっとした習慣32
2
0
2
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
印象は、脚からつくられる

『好かれる人のモノの言い方 第二印象で心をとらえるちょっとした習慣32』
[著]西松眞子 [発行]CLAP


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ


 動物行動学者であるデズモンド・モリスは、人の『動作と心が一致する』箇所は、身体のなかでは下肢、すなわち脚がその人の本心が一番表れやすい場所だと言っています。

 彼のデータでは、もっとも心と一致しない、本心が表れにくいのは「言葉」だそうです。

 私たちの脚は脳から遠いパーツです。顔の表情や言葉などは意識して制御できても、末端である脚は本能の赴くままに動きやすいのです。

 だからといって、そのままだと、無意識に礼を欠くこともあるかもしれません。

 また相手と面会しているときは、自分の視野には入りにくい足元でも、緊張感のない動きは、全体の雰囲気というか、その人のたたずまいとしていずれ出てくるものです。

 テーブルの下でぶらぶらと脚を揺らしていたり、広げたりするくせがあるなら、脚をスクエアにそろえてみましょう。

 特に両膝を、会話している相手の方向に向けてみてください。

 左に人がいるなら、話すときに膝を少し左に向けます。

 右なら右側に少し膝を向けます。

 実はこれ、きっとあなたも無意識にしています。

 興味がある人との会話では、膝がその人の方向を向いているのです。

 逆に、あなたが好かれているかどうかは、相手の『膝の向き』でわかるのですね。

 その好意と興味のしぐさを、少し意識してやってみることで、相手との会話が弾んだり、礼節ある態度を保てたり……。

 見えないところは、どうでもいい。見えないことは、なかったこと。そんな人はつまらないし、人としての幅も深みも育たないのかもしれません。

 テーブルクロスの中は、誰にも見えてはいけません。でもお互いの目には見えないところで、しっかり膝を向ける。そのたたずまい、心の向きが、人間性の一部をつくるのだと思うのです。

【ポイント】

心の向きを「脚」で表現してみよう

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:0文字/本文:746文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次