読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1231703
0
小笠原流礼法が教える 正しいビジネスマナー
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
応接室での心得

『小笠原流礼法が教える 正しいビジネスマナー』
[著]柴崎直人 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

小笠原流礼法 その一二

高座をこころがくるは、田舎人のわざなり

──自分の本来の席次よりも、下の位置に座るくらいの心持ちでいること


「自分は常に下座に」という気持ちを持つ


 伝書には「高座をこころがくるは、田舎人のわざなり」として、他人よりも少しでもよい席を望む心は評価できないとしている。

大冊子」という礼法書に次のようなエピソードがある。


 伊勢の守護、()()(やす)(まさ)が新居の披露の宴会を催した。正客が細川(より)(もと)、副客が今川(さだ)(おみ)という豪華キャストで多くの大名を招いたが、その席に赤松義則が遅れてやってきた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2053文字/本文:2329文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次