読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1232351
0
異端のすすめ
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第四節 横並びと物まねを否定せよ

『異端のすすめ』
[著]長谷川慶太郎 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 独創性の尊重

 買い手がますます個性化していくその中では、商品の開発に当たっても、同業他社の物まねでは買い手の満足を得ることができない。率直に言えば、これまで長年続いてきたインフレ時代の下で、企業の経営者はとかく「売れ筋の商品」を見出せば、そっくりさんと言ってよいほど物まねで勝負しようとする傾向があった。

 だが、こうした時代は完全に終わってしまったのである。それだけではない。もし「物まね」で勝負しようとすれば、それはそのまま買い手に「ありきたりの商品」として見放されるおそれを感じなければならない。現にどの業界においても、独自の特徴を持たせた「新製品」の開発のみが、企業の将来を開拓するための基本的な商品開発戦略になりつつあることを承知している。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1817文字/本文:2142文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次