読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1233351
0
歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 考古遺跡を歩く

『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』
[著]山本博文 [発行]PHP研究所


読了目安時間:14分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 歴史に興味が湧いたり、問題意識を持つようになった時、文献を読むことと並行してお(すす)めしたいのが、歴史の現場を歩いてみる、ということです。


 近年は、町歩きをして歴史的な文化遺産などに触れるNHKの「ブラタモリ」が高視聴率を保ち、もと建設省の官僚である竹村公太郎氏の『日本史の謎は「地形」で解ける』(PHP文庫)がベストセラーになっています。


 竹村氏の本の中では、(げん)(こう)の時、日本の湿地帯と起伏の激しい丘と山がモンゴル軍の騎馬軍団と(ぎつ)(しや)群を(はば)んだ、という記述に膝を打ちました。博多に攻め込んだモンゴル軍は、水はけの悪い土地の泥にはまり、機動力を奪われたので、船上に寝泊まりせざるを得なかったというのです。


 文献だけでなく、地理を知ることによって歴史の新しい解釈が生まれる可能性を感じさせる本でした。


 私も町歩きは好きで、江戸の(きり)()()を持って東京の町をずいぶん歩きましたし、調査で地方に行く時は必ず近くの史跡を見学します。


旧石器時代の痕跡


 戦前の教科書では、(てん)(そん)(こう)(りん)神話で日本の始まりが書かれていました。しかし現在では、考古学の発掘の成果によって日本と日本人の始まりが書かれています。


 まず旧石器時代の遺跡と言えば、群馬県の(いわ)宿(じゆく)遺跡があります。


 昭和二十一年(一九四六)(なつ)(とう)売りの行商をしながら石器や土器の採集に励んでいた相澤(ただ)(ひろ)という青年が、岩宿のせまい(きり)(どおし)の赤土の(がけ)の崩れかけた断面から、両側がカミソリの刃のように鋭い黒光りする石片を見つけました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5945文字/本文:6656文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次