読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1233353
0
歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 武家の都・鎌倉を歩く

『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』
[著]山本博文 [発行]PHP研究所


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

鎌倉幕府の故地


 鎌倉は、源(より)(とも)が創設した鎌倉幕府の故地として、江戸時代でも人気の観光地でした。参勤交代で国元に帰る途中の鳥取藩池田(みつ)(なか)の家臣が、行列から離れて鎌倉を観光し、叱られるという事件も起こっています。


 全国を漫遊したとされる()()(こう)(もん)(徳川(みつ)(くに)は、実は江戸と国元以外の地にはほとんど行っていないのですが、鎌倉の英勝寺に実父の養母の墓があったため、鎌倉を訪れ、家臣に調査をさせて『鎌倉志』という書籍を(へん)(さん)しています。


 もちろん、現在でも鎌倉は人気の観光地で、テレビの歴史番組や旅行番組でもよく取り上げられ、ゴールデンウィークには人があふれます。


 私が初めて鎌倉に行ったのは、予備校時代です。その時は、当時はまだ国鉄だった北鎌倉駅で降り、無学祖元が開いた(えん)(がく)()、さだまさしの歌で有名になった(えん)(きり)(でら)(とう)(けい)()、鎌倉五山筆頭の建長寺、(つるが)(おか)(はち)(まん)(ぐう)などを回るという定番のコースでした。


 二度目は、東大教養学部の(よし)()(あき)()先生のゼミ小旅行で、源氏山、()(わい)(ざか)(きり)(どおし)などを回りました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4706文字/本文:5275文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次