読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1233474
0
ライムスター宇多丸も唸った人生を変える最強の「自己低発」 低み
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
09 耳掃除のパラダイムシフト

『ライムスター宇多丸も唸った人生を変える最強の「自己低発」 低み』
[編]TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」&「アフター6ジャンクション」 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 私は「耳かき」が好きです。暇さえあればポリポリほじっています。今回紹介する「低み」話は、私が小学生のころの話です。当時の私は暇だったので毎日耳をかいていました。1日10分ポリポリしていました。


 最初は(みみ)(あか)を貯金していたのですが、耳かき衝動は抑えられず、耳垢がないのに耳掃除をするようになりました。耳垢が取れない耳掃除はつまらない。ある日そう思った私は耳垢に代わるものをほじることにしました。


 それは「爪」です。爪切りで処理したものをドンドン耳に流し込みました。小学生だった私でも、耳に爪を入れることの危険性は理解していました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1361文字/本文:1633文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次