読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1233538
0
ライムスター宇多丸も唸った人生を変える最強の「自己低発」 低み
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
低みのさらに低みへ 第四章 対ウン・テロ戦争

『ライムスター宇多丸も唸った人生を変える最強の「自己低発」 低み』
[編]TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」&「アフター6ジャンクション」 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

温泉の危険性


古川 宇多丸さんは鍋が嫌いって言ってたじゃないですか(第一章参照)。

宇多丸 鍋は嫌いじゃないよ。つつき合う相手によっては衛生面が気になるだけで、鍋そのものは、むしろ大好物だよ!

古川 じゃあ、お風呂はどうなんですか? 温泉とか。肛門周りにトイレットペーパーがついたまま温泉に入った人がいましたけど、そういう人も結構な割合で入浴してるはずじゃないですか。

宇多丸 温泉はね……正直、現実を見ないようにしてる。

古川 気にし始めるとそこは気になってしまうから、ってこと?

宇多丸 まさしくそう。温泉に行ったら潔癖スイッチを切る。「もうこうなったらしょうがない」って。せっかく温泉まで来たら入らないほうが損だと考えると、わりと簡単に潔癖スイッチが切れちゃうんだよね。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2446文字/本文:2778文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次