読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1233784
0
必ず誰かに話したくなる経済学
2
0
0
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「お金持ち課税」のプラスとマイナス

『必ず誰かに話したくなる経済学』
[著]門倉貴史 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

有名な伝説に基づいた税制

 いま世界各国で「ロビン・フッド税」なるものが注目されています。読者のみなさんは、中世イギリスにおけるロビン・フッドの伝説をご存知でしょうか。
「シャーウッドの森」に住む義賊ロビン・フッドは、弓の名人で、お金持ちから金品を奪っては、それをノッティンガムに住む貧しい人たちに分け与えていました。
「ロビン・フッド税」というのは、このロビン・フッドの伝説に基づいた税制で、お金持ちの人やかっている企業から税金を多くとって、それを困っている国民に回す仕組みを指します。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1230文字/本文:1471文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次