読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1234064
0
中国、敗れたり
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
まえがき

『中国、敗れたり』
[著]日高義樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 一九七二年二月二十一日、いまにも雪が降りそうな北京でニクソンと毛沢東の歴史的な首脳会談を演出し、孤立する共産主義国家・中国を国際社会に引き出したヘンリー・キッシンジャー博士がその四十二年後、九十一歳という高齢で力作『ワールド・オーダー』を著した。歴史の碩学(せきがく)であり、国際政治を四十年以上にわたって動かしてきた戦略家であるキッシンジャー博士は、この新著の中で次の四つを指摘している。

 第一に、アメリカが超大国であるかどうかが明確でなくなったこと。第二に、中国が力を増し、アジアに新しい緊張をもたらしていること。第三に、中東がイスラムの宗教的な対立によって、底知れない混乱と分裂に巻き込まれていること。そして第四は、国家とは何かを明確にしたウエストファリア条約以来三百六十年の間に確立した、ヨーロッパ的な力の均衡による政治体制が崩壊しつつあること──である。

 このなかで、いまアジアと日本に最も大きな影響を及ぼすのは、経済力によって急速に増強した軍事力を政治力に変えようと試みた中国である。中国が海軍力を短期間のうちに飛躍的に強化しようとしたことと、六十年を超える孤独な支配体制に飽きたアメリカがアジアから後退しようとしたことが、アメリカの力のもとに安住してきた日本を直撃した。

 私がキッシンジャー博士と初めて会ったのは一九七一年、ニクソン大統領に招待されて乗った大統領特別機の中である。そのとき以来、テレビ番組のためのインタビューや彼の回想録の映像化などを通じて、四十年にわたって仕事上の付き合いを続けている。

 キッシンジャー博士は、世界の秩序というものをきわめて大切に考えている。また二千年以上も前に政治の秩序をつくって国家を維持してきた中国を非常に高く評価しているが、私は本書において、キッシンジャー博士が新しい世界の秩序に向かう動きとして指摘した四つの中で、とくに中国に焦点を当て、中国の海軍力増強の野望が(つい)えたことと、オバマ大統領による中国妥協政策の失敗の二つがもたらす日本への大きな影響について、詳しく述べた。

 アメリカに対抗する中国大海軍をつくり、世界の海を支配することによってアメリカに代わって世界を制圧しようとした中国の目論見が失敗に終わったことと、中国と妥協することだけを外交目標としたオバマ大統領の対中国政策がアメリカ国民から大きな反発を受けたことについて詳しく述べたのは、この二つが、キッシンジャー博士の懸念する世界秩序の乱れを、いっそう複雑なものにするからである。

 日本の人々を脅かしている中国の海軍力の増強が、なぜ失敗に終わったのか。その結果、これからアジア、太平洋において何が起きてくるのか──。読者諸兄には、この本の中から読み取っていただきたいと思っている。また本書が、新しいアジアの秩序づくりに向けて日本は何をなすべきかを考える手がかりになれば幸いである。


  二〇一四年十一月
日高義樹
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1217文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次