読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1234775
0
封印された国家プロジェクト
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ソ連崩壊のきっかけになった宇宙開発「ブラン計画」

『封印された国家プロジェクト』
[著]歴史ミステリー研究会 [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



いまも残るロケットの格納庫


 ユーラシア大陸の中央部にあるカザフスタンは、旧ソ連国のひとつだ。


 この国にはバイコヌール宇宙基地という、現在もなおロシア連邦宇宙局が管理しているロケット発射場がある。


 この基地が完成したのは1955年、旧ソ連時代のことだ。


 カザフスタンはソ連崩壊後に独立したため、今はロシアがカザフスタンから基地を借りており、ロシアの有人飛行船ソユーズもここから打ち上げられている。


 そのリース料は年間1億5000万ドル、日本円にして約165億円にも上る。


 基地は広大で、約7000平方メートルという面積は熊本県とほぼ同じだ。そのだだっ広い草原の中にある基地に、ひときわ目立つ巨大な建物がある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1816文字/本文:2119文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次