読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1235399
0
「バタバタしない」技術
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 あえて立ち止まることを選択する

『「バタバタしない」技術』
[著]吉山勇樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 前述の通り、バタバタしている人は常にバタバタしてしまう「悪循環」にハマりがちです。

 忙しいと言い続けていても、期限はどんどん迫ってくる一方ですし、待っていても前には進みません。次から次に新たな仕事が入ってくるだけですね。

 私自身も、もともとはそんな悪循環に陥っていた部類です。

 しかし、今や仕事のダンドリや効率化に関する書籍をたくさん書いたり、講演やコンサルティングを手掛けることができるようになったのは、何が一番大きかったか。

 それはズバリ、悪循環を断ち切るために立ち止まる時間をしっかり確保したことです。

 日々忙しくしているとどうしても、目の前のやるべきことをこなすことでいっぱいいっぱいになってしまいます。しかし目の前のことばかりに忙殺されていると、本来やらなくてもよいことなのに手をつけてしまっていたり、もっと効率の良いやり方があるのに周りが見えなくなってしまっていることも多いものです。

 そんな余裕のない状態だからこそ、あえて冷静に立ち止まることは難しい、と考える方も多いでしょう。しかしながら、ここであえて立ち止まることをやらない限り、いつまでも同じ状態が続く一方です。これはいつまでたってもバタバタ続きになることを意味します。

まずは1分間だけ手を止めて考える


 登山家の友達に聞いた話です。富士山の倍も標高があるような世界有数の山に挑む時は、酸素も不足し、思考力が低下している状況で、次に進むか下山するかを判断しなければならない時があるそうです。彼から「頂上まで300メートルだから、と何も考えずに前進したことで亡くなった友人がいる」という話を聞いて、あえて立ち止まることの重要性についても考えさせられました。

 目先のことだけで判断していては、何事もあとからそのツケが必ずやってくる──命がけの登山と日々の仕事に何の関係があるのか、と思う方もいるかもしれませんが、私はそういった、一見関係のないエピソードそれぞれを点で終えるのではなく、線にすることで、様々な気づきや教訓に発展させられるものだと考えています。

 彼にこの話を聞いたことで、バタバタしているから立ち止まれないのではなく、立ち止まらないからバタついてしまうんだ、ということを強く感じさせられました。

 自分がバタバタしているな、と感じた時ほど、これからどうその仕事を片づけていくべきだろう? とか、先々を見越した時に、今最優先で自分は何をするべきなんだろう? 今やっているこのことは、果たして正しいのかどうか? と、たとえ1分でもよいでしょう、自問自答して取り組むことを、心構えとして持っておきたいものです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1106文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次