読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1236418
0
セックスする脳! 知られざる究極の欲望と男女をつなぐ興奮のメカニズム
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第5章 愛着する脳

『セックスする脳! 知られざる究極の欲望と男女をつなぐ興奮のメカニズム』
[著]米山公啓 [著] 二松まゆみ [発行]CLAP


読了目安時間:21分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

男は必ず浮気する

二松 私は「恋人・夫婦仲相談所」で長いあいだ数々の相談を受けてきましたが、そこで思うのは、男の9割は浮気する、ということなんです。どんなにラブラブのカップルでも、どんなに相手のことを愛していても、男性はやはり……。
米山 必ず浮気しますよね。
二松 そうなんです。
米山 僕は100%男は浮気すると思います。それを理解できない人は結婚しないほうがいいです(笑)。この前、結婚式の主賓に呼ばれて、さすがにそんな話はしなかったけど、本当はしたくてしようがなかった。銀座の有名なママも、男は絶対浮気しますって言うんだよ。男を知り抜いた女がそう言うわけだから、それは確実でしょう。よく「うちの夫は絶対していない」って言い張る女性がいるけど、絶対にしている。
二松 でも、その浮気って風俗も含めてですか? 浮気の定義、決めておいたほうがいいですよね。
米山 家庭外発射じゃない? すべての家庭外発射は浮気。
二松 私は、『モンスターワイフ』を書いたとき、自分なりに浮気の定義を作ったんです。外の人と1回セックスするのは、まあ若気の至りもあるだろうから、それは「事故」だと。ただ、2回以上したらそれは浮気だと定義づけたんです。風俗と浮気はまたちょっと違うとは思うので。
米山 女性が言うのは「浮気とは基本的には心を奪われてしまったセックス」って話でしょ。それは許せないけど、商売の女だったらいいと。まあ、それも許せないって人もいますけどね。
二松 それ以前に、マスターベーションが許せないっていう女性がたくさんいるんですよ。精子のにおいのついたティッシュがごみ箱に捨ててあった! 私以外の、女優さんのAVとか見てマスターベーションするなんて許せない! って女性、いっぱいいるんです。
米山 まあ、わからなくはないけど、そこまで思わなくてもいいんじゃないかなあ。
二松 マスターベーションのオカズくらいは自由にさせてあげないと、厳しいかもしれない。
米山 男は射精する機能を持って生まれた生物だからさ。使命だからね。そう言うと、言い訳だって返されるんだけど(笑)。

浮気の発覚は携帯から

二松 でもね、いまは本当に浮気がバレやすくなったんですよ。携帯の普及で劇的にね。昔の浮気は口紅の跡やにおいで発覚したりしていたけど、最近の浮気発覚はほぼ100%携帯。妻が夫の携帯を覗き見するってパターンです。
米山 見てはいけないものを見ちゃうから……。
二松 風情のない時代になったものですよ。私、新聞のあるコーナーでコメントしているんですけど、先日は「なぜパートナーの携帯を平気で読めるのか」という特集だったんです。昔なんて、夫に来た手紙を封を開けて読んだりしたら、それは道徳的にも犯罪でしたよ! なのに携帯の場合は手軽に見られちゃうから、夫に来たメールを当人がいないあいだについチャッチャカ見てしまう。
米山 女の人って前に言ったように五感が鋭いから、夫の異変に気づきやすいんだよね。たとえば、夫のシャツからちょっとでも香水のにおいがしようものなら……。
二松 やたらとせっけんのにおいがしたりして、ぜんぜん体臭がしないのも怪しいですよね。
米山 そうすると、気になっちゃって見ちゃうのかなあ……。
二松 「オールアバウト」が行った調査では、パートナーの携帯を覗き見したことのある人は、なんと4割以上という結果が出たんです。
米山 4割はちょっとひどいね。
二松 他に、MMD研究所(モバイルユーザーの最新利用動向や、モバイル業界の動向をリアルタイムに伝えるリサーチ機関)が10代から50代までの4100人に対して行った調査でも、男性の18・3%、女性の30%が「見たことがある」と回答したんですね。女性のほうがかなり多い。私の相談所に来る主婦の方々で夫の浮気を見つけた人は、100%携帯盗み見がきっかけです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:8771文字/本文:10353文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次