読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1236707
0
「片づけられない」「捨てられない」性格が変わる本
2
0
50
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに 片づけられない、捨てられないすべての人たちへ

『「片づけられない」「捨てられない」性格が変わる本』
[著]勝間まなみ [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
50
| |
文字サイズ

〜あなたは決して「怠け者」ではない!〜   



 はじめまして。勝間まなみです。

 数ある片づけの本の中から、本書を手に取ってくださってありがとうございます。


 早速ですが、みなさんに質問です。

 今、お友だちから電話がかかってきたとします。
「近くまで来たので、これからお宅にお邪魔してもいいかしら?」

 さて、あなたはなんと答えるでしょうか?

 ここで「どうぞ。待ってるわ」と歓迎できる人は、普段から家の中が片づいている人です。
「え、今から? ごめんなさい。ちょっと都合が……(来るなら数日前に言ってよ〜)」とお断りする人は、家の中が片づいていない人です。


 家族が集い、語らい、もっともくつろげる空間──それが家(あるいは部屋)です。そこをモノやゴミでいっぱいにしたり、片づけられない人が増えています。


 でも、みなさん「片づけなきゃ」「いらないモノは捨てなきゃ」という気持ちは持っています。だから、片づけや収納の本を買って読んだり、テレビ番組を食い入るように見たりします。

 それでも、やっぱり片づけられない、捨てられない……。


 私はこう思います。


 世の中には
『片づけられる人』と
『片づけられない人』がいます。

 モノを『捨てられる人』と
『捨てられない人』がいます。


 そして、『片づけられない人』『捨てられない人』が大多数です。


 実は、私も『片づけられない』『捨てられない』人でした。ですから、悩んでいる人の気持ちがとてもよくわかります。
「やらなくちゃとは思っているけれど、忙しくて時間がない」
「やろうとするけど、体が動かない」
「面倒くさい」

 これがエスカレートすると
「部屋が散らかっていても、生活できないわけじゃないし……」とか、
「私は几帳面じゃないから」と開き直ってみたり。

 気がついたときは手のつけられない『汚部屋』で暮らしていた! なんてことに。


 ここで私は断言します。
『片づけられない人』はどんなに素晴らしい片づけの方法(メソッド)を学んでも、片づけられません。

 万が一、一大決心をして片づけに成功しても、その状態は長くは続きません。しばらくすると、またモノが増え、散らかった状態に戻る『片づけのリバウンド』を起こしてしまいます。

『片づけられない』『捨てられない』理由。

 それはあなたが「怠け者だから」とか、「だらしないから」とか、はたまた「時間がないから」でもありません。


 答えはただ一つ。
「心の中にたくさんゴミが溜まっていて、それが重荷になり体が動かなくなっているから」です。


 私は『部屋の状態は心の状態をうつす鏡』だと考えています。

 心の中にうつうつとした気持ちやストレスを抱えている人の部屋は、例外なくモノであふれ、散らかっています。

 そう、片づけられない、捨てられないのは、心の中に原因があるのです。

 私は自分の経験からこのことに気づき、『片づけ収納メンタルセラピスト』を名乗っています。そして、これまでに500人以上の『片づけられない』『捨てられない』というお悩みの相談に乗ってきました。


 片づけられないのは、あなただけではありません。

 捨てられないのは「怠け者だから」でも「だらしないから」でもありません。

 そんなに自分を責めないでください。


 今までどんな方法を試しても成功しなかった人も、
『片づけのリバウンド』をくり返していた人も、

 自分の心に向き合い心の重荷を下ろせば、必ず『片づけられる人』『捨てられる人』になれます。

 それにはまず、あなたの心の中にある『心のゴミを捨て、片づけのブレーキをはずす』ことからスタートしましょう!


 実は、あなたはすでに『片づけられる人』『捨てられる人』への一歩を踏み出しています。

 それは、あなたが本書を手に取って、読もうとしているから──。
『片づけられない自分』『捨てられない自分』を、自分の意志で変えようという勇気を持ったからです。


 この本が多くの『片づけられない人』『捨てられない人』たちの役に立つことを願いつつ。


勝間まなみ 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
50
残り:0文字/本文:1638文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次