読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1236711
0
「片づけられない」「捨てられない」性格が変わる本
2
0
1
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第3章 『プラス思考』でラッキーを現実化する

『「片づけられない」「捨てられない」性格が変わる本』
[著]勝間まなみ [発行]PHP研究所


読了目安時間:25分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


『引き寄せの法則』を利用しよう!



『メンタル・クリアリング』で心の中のマイナスの感情を捨てることができるようになった人は、それだけでも体が動くようになり、片づけができるようになる人もいます。

 でも、それで満足してしまうのはもったいない。なぜなら、メンタル・クリアリングでマイナスの感情が捨てられた時点では『片づけられない』というマイナスの状態がゼロのところまできたにすぎないからです。さらに積極的に、進んで片づけができるようになったり、人生が劇的に好転するための方法をお伝えしたいと思います。

 マイナスの感情は、そのマイナスの感情を捨てたいがために、同じようなマイナスの出来事を引き寄せてしまうのですが、それなら、プラスの感情を心の中に持っていれば、プラスの出来事を引き寄せてくれるはずです。

 私が「どうしても片づけられない」という状態に陥ったとき、その理由を知りたくて、片っ端から本を読みました。その中で特に印象に残ったのが『引き寄せの法則』です。

 これは聞いたことがあるという人も多いと思います。

『引き寄せの法則』とは、簡単に言うと
「プラスの感情を持っている人はプラスの出来事を引き寄せ、マイナスの感情を持っている人は、マイナスの出来事を引き寄せる」

 というものです。これが真実なら、マイナスの感情は取り除き、プラスの感情を取り入れて、プラスの出来事を引き寄せられるようになりたいですよね?


 この章では、そんなお話をご紹介していきます。

部屋の『気』を流す




 私は霊能者でもオカルト好きでもありませんが、『気』というものを感じることはできると思っています。

 風水でも『気』という概念がありますし、漢方の世界でも『気・血・水』という表現をよく使います。「水や血は目に見えるけれど、気は目に見えないので非科学的だ」と言う人もいるかもしれませんが、目に見えないからといって、存在しないかというと、決してそうではないと思います。

 なぜなら「空気」は目には見えませんが、確かに存在していて、これがなければ私たちは生きていくことができません。

 他にも『気』のつく言葉は身近なところに存在しています。
「天気」「景気」「元気」……。

 並べてみるとよくわかります。

 目には見えないけれど、確かに存在するエネルギー。

 それが『気』です。

『気』と片づけは深い関係があります。なぜなら、部屋には『気』が満ちているからです。ただ、そうじも行き届かず、片づけもしないとなれば、気は汚れ、スムーズに流れてくれません。その部屋の中で毎日生活している人は、汚れた気を吸いながら毎日生きているのです!

 一般的に「部屋を片づけると幸せになる」というのは、そうじをして空気を入れ換え、片づけをすることで部屋の中の気がスムーズに流れ、新鮮できれいな気が満ちてくるからです。


 昨今、春先に花粉症で苦しむ人がたくさんいます。私の知人が言うには、その時期は花粉を部屋に入れないように、窓を閉めたままにしているそうです。すると、部屋の空気が流れないので、毎日、空気がよどんでいるのがわかるといいます。「花粉症のつらさもあるけれど、部屋の気が良くないので、本当に体調がすぐれない」とこぼしていました。もっとも、花粉の時期が終わって窓を全開にすると、部屋の気が流れ出し、新鮮な空気と入れ換わるので、心身ともに快調になるそうです。


 先ほど『気はエネルギー』とご説明しましたが、エネルギーにはある法則が存在します。
「プラスのエネルギーは軽く(上にいく)、マイナスのエネルギーは重い(下にいく)」という法則です。

 ゴミやホコリは重いエネルギーで、空気の流れの悪いところに溜まります。すると、そこにマイナスのエネルギーが引き寄せられます。

 ある駐輪場でこんな実験が行われたそうです。自転車のカゴにゴミを一つ入れておいたら、なぜかそこにみんながゴミを捨てていくようになってしまいました。やはり、ゴミはゴミを呼ぶのですね。

 アメリカでも別の興味深い実験結果が報告されています。

 同じ地域の2ブロック離れた場所の郵便ポストを実験台にして観察を始めました。一つのポストは落書きされてもそのまま放置し、もう一つのポストは落書きされたらすぐに消すようにしたところ、落書きを放置したポストの周辺にはゴミが溜まりだし、凶悪犯罪率が上がりました。一方、落書きをすぐに消したポストのまわりでは凶悪犯罪率はまったく上がりませんでした。

 これらの結果からわかることは、ゴミや落書きといったマイナスのエネルギーは、マイナスの出来事を引き寄せてしまうということです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:10520文字/本文:12407文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次