読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1236784
0
生き方を考えながら英語を学ぶ
2
0
0
0
0
0
0
語学・資格
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ほんとうの自信とは何か

『生き方を考えながら英語を学ぶ』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

すぐ他人に何かを要求する心理


 前の項で他人へ干渉したい気持ちについてのべたが,それが具体的になると他人への要求となって表れてくるのだろう。すぐに干渉したがる人の友人になったらたまらない。自分以外の人と付き合うとそれだけでもう気にいらない。

 他の人と山に行こうとすればすぐに不機嫌になるのだから。逆に,自分の友人から,

 You demand too much.

 などと言われたら,自分の人格について反省してみる必要があろう。情緒的に成熟し,自信のある人は決してそんな他人へ要求をするものではない。まだ他人依存的な未成熟な人間は,自分とちがった考え方の人間にあったりすると,すぐに“正気の沙汰ではない”だ,などと言ったりする。自分のほうこそ子供じみているのに,自分とちがった考え方にあうとすぐに他人を子供じみている,と言ったりする。そして自分と同じ考え方をするように要求する。自分と同じ生き方でないと不合理と感じている年とった女性や男性がなんと多いことか,そして自分の周囲のものに自分と同じように生きることを求める。どうしても独立していない人格は独立している人格より要求が多い。

 A dependent person demands much(あるいはa great deal)more than an independent person.
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3039文字/本文:3608文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次