読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1236785
0
生き方を考えながら英語を学ぶ
2
0
0
0
0
0
0
語学・資格
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
個の確立に努力する

『生き方を考えながら英語を学ぶ』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

まなじりを決して何かをやる


 人間が何かをまなじりを決してやろうとするときは決してだれかに賞賛してもらおうとか,認めてもらおうとか,愛されようとか,好かれようとか,そんなレベルの動機ではない。まなじりを決する,とはこの俺がやる,ということである。「あなたがこうしたから私はこれを出来なかった」などと相手との関係を持ち出さない。

 腰がすわってないと,他人に見せるための行動が多くなる。また他人はこういうことをしてくれなかった,という不平が多くなる。人間は退行欲求に従っていると必ず不幸になる。

 If you follow the desire to regress when you are young, you are sure to lead an unpleasant life.

 退行欲求に従って負の恍惚のなかで生きている人間は,周囲への要求だけで人生を生きる。要求が過大だからだれもかなえてくれない。だから不満でしようがない。この通りである。さらにこの過程で考えなければならないのは,その人は活動的ではないということである。怠惰であるということである。“不機嫌は怠惰と同じである”とはゲーテの名言である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2782文字/本文:3287文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次