読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1236788
0
生き方を考えながら英語を学ぶ
2
0
0
0
0
0
0
語学・資格
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
なぜ無心の境地になれないか?

『生き方を考えながら英語を学ぶ』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

悟りの真の意味


 前の項でさかんに放棄ということをやったが,僕の理解ではこのrenounceということがよくわれわれの使う“悟り”ということであると思う。悟りをひらくなどと日常的に使う悟りはやはりrenounceであろう。

 *In my understanding, enlightenment means renunciation.

 初めのほうにin my understandingとつけたのは少々断言するのには気がひけたので,このように,“私の理解するところでは”とことわったまでである。同じことは次のようにも言えるのであろう。

 In my opinion enlightenment is equal to renunciation.

 悟りをひらいていない人というのは,勉強の能率も,仕事の能率も悪い。学生のときは勉強していても,どうも気が散ってしようがない,そのうち予定通りすすんでないのが気になりだし,もし明日の授業であたってできなかったらどうしようと考えだし,答えられないとあの()は僕を馬鹿と思うのではないか,などとどんどん実際の勉強と関係のないほうに妄想がいってしまう。情緒的エネルギーが現実の勉強のほうにはむかないで,あらぬ非現実的な方向にむかって消費されてしまう。社会人になってからでも同じである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2979文字/本文:3540文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次