読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1236792
0
生き方を考えながら英語を学ぶ
2
0
0
0
0
0
0
語学・資格
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
優越感と自信は別

『生き方を考えながら英語を学ぶ』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

生活が充実していれば他人は気にならない


 まずつまらないことのはじめは噂話であろう。だれさんとだれさんがどうしたとか,こうしたとか,だれとだれがあやしいとか,まったくくだらないことを噂しあっている。そのくだらないことにエネルギーを使っているのである。

 自分の生活が充実していないので他人のことに神経をとがらせている。ライバルの様子にはいつも気をくばる。

 そういう人間は,自分とライバルが一緒に同じ大学に合格したのではつまらない。自分がうかって相手が落ちねばならない。母親にしても自分の子供が有名高校に合格して親戚の子が非有名高校にいくと会心の満足を得る。

 しかし世の中必ずしも自分の思うようにはいかないのが常である。

 そこで思うようにいかない状態が長く続くと無気力になる。世の中にはいつも無気力で消極的な人がいる。やる気がないというか,活動的でないというのか,そういう人がいる。

 Some people are *lethargic.

 ただこういう人も実は肉体的に虚弱体質に生まれついているというのではない。

 Some people are lethargic, but it is not because they are physically weak.
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2695文字/本文:3223文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次