読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1236793
0
生き方を考えながら英語を学ぶ
2
0
0
0
0
0
0
語学・資格
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
積極人間と消極人間の違い

『生き方を考えながら英語を学ぶ』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

エネルギーを浪費している人間は疲れる


 クヨクヨ後悔したり,嫉妬したり,噂話をしたりしているとそれだけで疲れてしまうと今までに書いてきた。ところがそういう人とは逆に猛烈にエネルギッシュで積極的にみえる人もいる。どこからあれだけのエネルギーがでてくるのかと眼を見張るばかりの人もたくさんいる。

 Some people seem to be very active.

 そういう人たちをみると時々われわれは,あの人たちは何かできがちがうのだろうと思ってしまう。もちろんなかには生まれつき異常に活動的な人がいるかも知れないが,たいていはちがう。もともとのできがちがって,生まれつき体力がすぐれているという人は案外すくないものである。たいていは同じ人間である。

 では消極的でウジウジしていていつも疲れている人と,猛烈にエネルギーに満ちていて疲れを知らない人とどこがちがうかといえば,それはemotional energyの使い方であろう。

 自分のできることと,できないことをハッキリ受け入れて,そのできる範囲で自分を実現していこうとすればいいのだが,情熱的エネルギーを浪費している人は自分の能力の範囲をこえて高い望みをいだいたりして疲れることになる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2760文字/本文:3279文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次