読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1236794
0
生き方を考えながら英語を学ぶ
2
0
0
0
0
0
0
語学・資格
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
生きることに集中する

『生き方を考えながら英語を学ぶ』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

自分で自分を診断する愚かさ


 無気力になるにはもうひとつ原因がある。何をやってもそれに集中しないということである。

 すでに古代ローマ人も「常に何かしら引っ掛かる,何かがつきまとう」と言っている。何をやっていても,心に何かが引っ掛かっていてやっていることに集中できない。

 以前僕に手紙をくれた人がこんなことを書いていた。

 勉強の能率があがらないので庭に出てバットを振って気ばらしをして,それからまた勉強しようとしたというのだ。そして庭でバットを振っているあいだじゅう,
「もう勉強できるくらい気分がよくなったかな,まだかな」

 とたえず自分の気分を自分で見つめている。
「いやもう少し気分がよくならないとダメだ」とまたバットを振り続ける。

 つまり自分の気分に対する過度の注意集中なのである。*彼はあまりにも自分の気分に気を使いすぎる。だからバットを振っていてもなかなか気分が晴れない。

 今度は勉強していても,「俺は今勉強に集中しているかな」と自分に過度の注意集中をしている。今自分はどのくらい勉強に集中しているか,たえず自分で自分を診断している。

 たえず自分で自分を診断しているから,遊んでいるときも,もっと遊びに熱中できるはずだと思い,こんなに遊びに熱中できないのなら,いっそまた勉強しなければと思ったりする。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2641文字/本文:3192文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次